スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文庫版「ホームレス作家」(幻冬舎アウトロー文庫)

sakkab


購入はこちらへ

「ホームレス作家」の文庫版です。解説は、共同通信配信の「ホームレス作家」の書評に感銘を受けた松井計が、特に小嵐九八郎氏にお願いしました。巻末に、新稿として「文庫版あとがき」を付しています。

【詳細目次】

序章 路上に出る日

第一章 喪失

・公団住宅を強制退去になる
・路上で煙草を拾う
・新宿から歩いて吉祥寺へ
・私と妻は一度も逢わずに結婚した
・<良人失格>、<父親失格>
・度重なる引越しによる重圧
・図書館で眠ろうとしたが……
・パック酒で暖を取る

第二章 彷徨

・注文原稿が没になる
・出版社でのアルバイトが決まる
・ケースワーカーとのトラブル
・新宿ホームレス生活
・またしても企画中止

第三章 暗転

・吉祥寺で殴られ屋を始める
・仮眠は電車の中で
・妻子との面会を禁じられる
・私が娘を虐待?
・アルバイト先を首になる
・都立大学前で逢った元社長ホームレス

第四章 光明

・新しい出発
・不思議な出会い
・中野での路上生活
・妻子との再会
・路上生活の終わり
・妻の出奔
・そして、再び路上へ

年表
あとがき
文庫版あとがき
解説 小嵐九八郎 

○発行元 幻冬舎
○編集担当 芝田 暁
○装丁   矢島高光
○版型 文庫版
○本体価格 600円
○刊行年月日 2002年12月25日
ISBN4-344-40311-8
[ 2006/06/14 15:03 ] 書誌データ | TB(-) | CM(-)

「ホームレス失格」(幻冬舎)

sikkaku


購入はこちらへ

同時進行私ドキュメント第二作。時系列的には前作の最終部分から始まりますが、新たなテーマとして家族問題までを含みます。

●主な書評掲載誌紙
星星峡2002年10月号
朝日新聞朝刊2002年12月1日号
赤旗2003年1月5日号
読売新聞西部本社版夕刊2003年4月19日号
読売新聞西部本社版夕刊2003年4月26日号

【詳細目次】

第一章 新宿暑い夏

・二〇〇一年七月新宿
・コマ劇場前の人々
・殴られ屋のレフェリーになる
・大ガード横ベローチェ
・消えた妻子を思い出す
・両親の記憶
・妻からの手紙
・あるホームレスの女性

第二章 静かな生活

・戻ってきた荷物
・慈愛寮職員からの思わぬ言葉
・「ほんパラ!」のロケ
・白日夢
・上北沢のマンションに入居
・安住の場
・読者からの手紙
・消費者金融からの督促
・「人形劇団プーク」の会員になる
・街に受け入れられた実感
・得体の知れない恐怖

第三章 迷走の日々

・ある区議との出会い
・品川区役所の対応
・東京都の見解
・品川福祉事務所長への期待
・女性相談センター所長の回答
・妻からの二通目の手紙
・妻子が行方不明になる
・山科牧師の告白
・自己情報非開示
・成城署への介入

第四章 存在理由

・ホームレス青年との対話
・鰻の約束
・金銭的危機
・禁じ手
・調停の行方
・私の著作権継承者

あとがき
年表

○発行元 幻冬舎
○編集担当 芝田 暁
○写真・装丁 矢島高光
○版型 四六判ハードカバー
○本体価格 1500円
○刊行年月日 2002年10月10日
ISBN4-344-00245-8
[ 2006/06/14 15:00 ] 書誌データ | TB(-) | CM(-)

「ホームレス作家」(幻冬舎)

sakka


購入はこちらへ

 松井計名義の最初の著作です。現実と同時進行の私ドキュメントともいうべき作品ですが、文体、構成などは、私小説の手法で執筆しています。本作がテレビ朝日の「関口堂書店ほんパラ」で取り上げられたときは、再現フィルムに松井計自身が出演しました。

※2001年9月18日付トーハンベストセラーランク9位(ノンフィクション部門)
※2001年9月20日付日販ベストセラーランク10位(ノンフィクション部門)
※2001年度「ダ・ヴィンチ」ベストブックノンフィクション部門17位
※「ダ・カーポ」BOOK OF THE YEAR'01「新聞、雑誌の書評担当者が選んだ今年の5冊」。「週刊ディアズ」2位 

●主な書評掲載誌紙と評者
朝日新聞朝刊 2001年09月04日号
読売新聞朝刊 2001年09月09日号
週刊文春 2001年09月20日号
週刊エコノミスト 2001年10月02日号
小説現代 2001年10月号 香山二三郎
日本経済新聞朝刊 2001年09月23日号 北上次郎
週刊朝日 2001年10月05日号 朝山実
SPA! 2001年10月03日号
週刊大衆 2001年10月15日号 大類啓之
女性セブン 2001年10月18日号
北海道新聞朝刊 2001年10月07日号 村上睦美
週刊アサヒ芸能 2001年10月18日号 佐々木幸恵
pen 2001年11月01日号
実業の日本 2001年11月号 小島慶子/十時裕樹
週刊ディアス 2001年10月22日号 岩井志麻子
週刊ディアス 2001年10月29日号 古川美穂
プレジデント 2001年11月12日号 白石宏一
オブラ 2001年12月号 茶木則雄
西日本新聞朝刊 2001年10月28日号
KANSAI1週間 2001年11月13日号
諸君! 2001年12月号
ESSE 2001年12月号 中島由佳子/前田かおり/矢口由紀子/佐伯愛子
河北新報朝刊 2001年11月13日号
メイプル 2002年01月号 久田恵 173
週刊読売 2001年12月16日号
ダカーポ 2001年12月19日号 久田恵
Gainer 2002年01月号 井狩春男
BeneBene 2002年01月号 杉山由美子
西日本新聞朝刊 2001年12月09日号 伊藤完司
週刊ポスト 2002年01月01日/01月04日号 井狩春男
静岡新聞夕刊 2001年12月27日号
週刊文春 2002年01月03日/01月10日号
文学的商品学 20004年2月23日紀伊国屋書店発行 斎藤美奈子

【詳細目次】

序章 路上に出る日

第一章 喪失

・公団住宅を強制退去になる
・路上で煙草を拾う
・新宿から歩いて吉祥寺へ
・私と妻は一度も逢わずに結婚した
・<良人失格>、<父親失格>
・度重なる引越しによる重圧
・図書館で眠ろうとしたが……
・パック酒で暖を取る

第二章 彷徨

・注文原稿が没になる
・出版社でのアルバイトが決まる
・ケースワーカーとのトラブル
・新宿ホームレス生活
・またしても企画中止

第三章 暗転

・吉祥寺で殴られ屋を始める
・仮眠は電車の中で
・妻子との面会を禁じられる
・私が娘を虐待?
・アルバイト先を首になる
・都立大学前で逢った元社長ホームレス

第四章 光明

・新しい出発
・不思議な出会い
・中野での路上生活
・妻子との再会
・路上生活の終わり
・妻の出奔
・そして、再び路上へ

あとがき
年表     

○発行元 幻冬舎
○編集担当 芝田 暁
○装丁・写真 矢島高光
○版型 四六判ハードカバー
○本体価格1500円
○刊行年月日 2001年9月20日
ISBN4-344-00112-5
[ 2006/06/14 14:57 ] 書誌データ | TB(-) | CM(-)
来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。