スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私的ベストテン<映画篇>

早いもので、今年もあと2週間を残すのみとなった。そこで、今日から、私の今年1年間の私的ベスト10を、あらゆるジャンルで記してみたい。

まず第1回目は<映画>である。但し、このベスト10は私的なものであるから、今年公開された作品に限らない。

劇場、DVD、地上波、BS、CSと、あらゆるメディアで私が今年1年間に観た作品の中からベスト10を選んだ。中には再観、三観のものも含まれていることをお断りしておく。

なお、()内の劇、B、地、C、Dはそれぞれ劇場、BS、地上波、CS、DVDを示し、私がその映画を観た媒体である。

●第1位『戦争と人間・第2部愛と悲しみの山河』(D)
※金のかかった映画はやはり見応えがある。浅丘ルリ子、吉永小百合の姉妹役が最高。しかし、やはり副題は『髑髏の舞踏』では駄目だったのか?

yamamoto2.jpg

●第2位『おくりびと』(劇)
※あまり関心はなかったのだが、知人の新聞記者に勧められて観た。観てよかった。新作ではNo.1。

okuribito.jpg

●第3位『ICHI』(劇)
※映画とは女優を観にいくものなり。女優がよければ、ほかにいうことなし。ただ私は柄本明の演技が苦手だ。

ichi.jpg

●第4位『戦争と人間・第1部運命の序曲』(D)
※滝沢修、芦田伸介、高橋悦史の演技が最高。それにしても、満洲の街並みを再現したセットは圧巻。調布の日活撮影所ですね。今は団地になってます。

yamamoto1.jpg

●第5位『エドウッド』(B)
※エド・ウッドの人生の上っ面をなぞっただけの映画だが、何だか幸せな気分になった。

wood.jpg

●第6位『資金源強奪』(D)
※不良性感度満点のアクション映画。やっぱり東映の不良映画はいい。脇の川谷拓三、室田日出男のアクの強い演技が○

gohdatsu.jpg

●第7位『ミッドウエイ』(B)

 ※本ブログ内2008年7月10日付記事「ミッドウェイ」参照のこと。

●第8位『戦争と人間・完結篇』(D)
※映画としては面白いが、ここまで原作を変更されるとちょっと抵抗あり。ラストのノモンハンの戦闘シーンは、もはや今の日本映画界では制作不能だろう。

yamamoto3.jpg

●第9位『相棒―劇場版―』(劇)
※ストーリーのツイストが足りないところがやや不満だが、金のかかった映像はさすが。手作りのエンタテインメントなどというものはないのだと実感。

aiboh.jpg

●第10位『崖の上のポニョ』(劇)
※私は幼い子を主人公にした作品は、つい泣いてしまう。

とまあ、こんなところである。年内にあと5本くらいは観るだろうから、その中で上記を超えるものがあれば、別項を建ててレビューを書きたいと思う。
スポンサーサイト
[ 2008/12/17 04:14 ] 日常生活 | TB(-) | CM(-)
来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。