スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<活字離れ>という幻想

sekai-tachi.jpg
    ■新刊「立ち上がる人たち」(世界文化社)発売中! 購入は●こちら●

 現在は、活字離れの時代であるそうな。特に、若年層に、その傾向は顕著だとよく言われる。それを裏書するかのように、今、出版業界は非常に厳しい状況にある。日本の出版マーケットは、1996年の2兆6,564億円をピークに、毎年、漸減状態が続いている。

 出版界だけではない。活字離れの影響は、他の分野にまで広がっている。先だっても、映画の字幕が読めない若者が増えていて、国内で洋画が上映される際、字幕版ではなく、吹き替え版が作られるケースが増えている、と新聞で報じられた。これも、若年層の活字離れと無縁ではない――というようなことがよく言われる。

 ここまでくると、日本の文化も既に末期的であり、文筆を業とし、活字文化を信奉する私としては、重い気分にならざるを得ない。

 が、果たして、本当に、この国で<活字離れ>なるものが進んでいるのだろうか? 私は、どうしてもそれを実感することができないのだ。モノカキや編集者など、この業界にいる人間は、一般の人よりは活字の消費量が多いのが普通だろうから、除外して考えなければならないとしても、業界外の私の友人たちが、最近、本を読まなくなったという話は、寡聞にして知らない。

 若年層に限るとしても、たとえば私の子どもたちは、私の子どもの頃と同様、読書生活を楽しんでいる。私が、子どもたちに買ってやる本は、ひとり当たり月に3~5冊だが、これ以外にも彼らは、学校の図書館などで本を読んでいようから、それほど少ない読書量だとも思えない。

 本当に、<活字離れ>という現実があるのだろうか?――それが私の疑問だった。で、色々と調べてみると、面白いデータにぶつかった。

 実は、毎日新聞が、毎年、読書世論調査を行っている。それによると、総合読書率は、調査開始以来、70%から75%の間で安定しており、読書率が下がったというデータはない。昨年の同調査では75%で、これは、前年度の調査から3%上がっているほどなのだ。

 この数字は総合読書率であるから、雑誌などを読んだ人も含むデータである。では、書籍に限ってみるとどうか。昨年度調査の、書籍読書率は49%。これも、総合読書率同様、前年度比3ポイントのアップであり、調査開始以来、ずっと50%前後で安定している。

 いやいや、それは大人のデータであり、若者や子供の活字離れは確実に進んでいるはずだ、という声が聞こえてきそうだが、残念ながらそうではない。小中高生を対象にした、同じく毎日新聞の「学校読書調査」でも、子供たちの読書率は、むしろ上がっているのである。この背景には、朝の10分間読書運動や、講談社が展開している<全国訪問おはなし隊>の成果もあるのかもしれない。

 これらの数字を総合すると、以下のことが言えそうである。

①活字離れが進行しているというのは幻想に過ぎない。
②全人口の半分程度が、書籍を読む層であり、国民の4人に3人が、なんらかの形で活字を読んでいる。
③その数字は、何十年間も、ほとんど変わっていない。
④学校や版元の努力もあり、子供の読書率は上がっている。

 これらのことは、私の実感にも近い。では何故、<活字離れ>などという言説が、まことしやかに語られるのであろうか。それはひとえに、今、出版業界が不況だからである。本が売れにくい時代だからである。むろん、その他にも、元々、書籍を読まない層である50%の人たちの声が大きくなって、自分が本を読まないことを、必要以上に一般化して語るようになった、という背景もあるだろう。が、それはひとまず措くことにする。

 本が売れにくい理由は、流通の問題も含めて、色々とあるのだろうが、その中でも、一番、大きいものは、個人の可処分所得が、以前より少なくなった、ということだろう。本の購入に回す金が、なかなか出しにくい、ということである。このことは、むろん、不安定労働者層が増えたこととも関る問題である。喰っていくのが大変な状況下で、本に金をかける、というのは、望んでもなかなかできることではない。出版業界がもっとも元気があったのが、バブル経済の時期であったことを思えば、このことがよりよく理解されるはずだ。

 つまり、今の日本では、<活字離れ>などはまったく進んではいないが、本を買う人が減っている、ということである。これが、日本経済の実相であり、日本文化の実相なのである。<活字離れ>などという、一見するとつい頷いてしまいそうな言説に惑わされてはいけない。まずは、個人の可処分所得を減らさない努力を、政府や政治家がやらないと、日本文化はやせ細っていく、ということである。

 私が2月に出した「家に帰らない男たち」は、都内の各市区町村の図書館が、それぞれ2~5冊ほど入れてくれている。しかし、今、都内の図書館で、この本を読めるのは大田区、稲城市、三鷹市の図書館だけである。他の市区町村の図書館では、全冊が貸し出し中であるばかりでなく、何冊ずつか予約が入っている。

 つまり、図書館で本を読む人が増えているわけだ。著者としては、わざわざ図書館で予約をしてまで、拙著を読んでくださる方がたくさんいらっしゃるのは、非常に嬉しいことである。しかし、その背景に、「本は買いたいけれども、なかなかお金を出すのが難しい」という状況があるのだとすれば、それは、日本文化のために哀しいことである。

 読みたい書物くらいは、そう悩むことなく購入できる社会が、正しい社会であることは、論を待たない。最近、声の大きな政治家たちが、<日本の文化>という言葉を口にするのをよく聞く。<文化>を云々したいのであれば、まずはこの辺りから手を付けてみてはどうか。
スポンサーサイト
[ 2008/05/30 03:29 ] 書籍 | TB(-) | CM(-)
来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。