スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「週刊文春」にルポルタージュ掲載

bs.jpg

 5月31日(木)発売の「週刊文春」(文藝春秋)6月7日号に、松井計執筆のルポルタージュ『元祖「格差の街」山谷をゆく』が掲載されます。

 これは、同じ「週刊文春」に発表した渋谷、多摩ニュータウンのルポルタージュに続く、<街シリーズ>の3作目です。

 リード引用
「急増する『ケータイ派遣』の若者に職を奪われ、『ドヤ』は安価な外国人観光客向けのホテルに次々衣替えしている。格差社会の到来が叫ばれる中、元祖『格差の街』はかつての活気を失い、様変わりしていた。自身もホームレス体験のある作家が山谷を歩いてみた」
スポンサーサイト
[ 2007/05/31 02:48 ] 雑誌 | TB(-) | CM(-)
来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。