スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

37歳

 ロサンゼルス・エンゼルズ・オブ・アナハイムの松井秀喜は、好調時と不調時の落差が激しく、怪我の影響を心配させる状況が続いているが、シアトル・マリナーズのイチローは、今年も例年通りの大活躍で、まさにメジャーリーグでも歴史的なスーパースターのひとりになった感がある。

 しかし、彼はたいしたものである。オリックス・ブルーウェーブで日本初のシーズン200本安打を達成して以来、日本プロ野球、メジャーリーグと活躍の舞台を変えながらも、毎年、フルシーズン活躍して、3割以上の打率を残している。これは特筆すべきことだ。20年近くプロ生活を続けていれば、怪我をすることもあるし、不調のままシーズンを終えることもある。それが当たり前だ。しかし、イチローにはそれがない。この点でも、彼は稀有な存在といってよかろう。

 さて、そのイチロー、今年で37歳になる。昔は、37歳といえば、そろそろ現役引退が近づいたり、そうでなくても、出場試合数が減ったりする年齢だった。今年で47歳になる埼玉西武ライオンズの工藤公康は別格とするにしても、最近、プロ野球選手の現役生活は長くなっている。が、そうではあっても、37歳にして、メジャーリーグでトップの成績を残しつづけるイチローは賞賛すべきだろう。

 そこで、球史に名を残す過去の大選手の、満37を迎えるシーズンの成績はどうだったのか、調べてみることにした。まずは、イチロー登場以前の、安打製造機張本勲。彼は昭和15(1940)年生まれであるから、満37歳を迎えるシーズンは、昭和52(1977)年である。この年、張本は日本ハム・ファイターズから讀賣ジァイアンツに移籍して2年目、122試合に出場して、3割4分8厘。24本塁打、82打点の成績を残している。打率は、首位打者こそヤクルト・スワローズの若松勉に譲ったものの、セリーグ2位。その若松勉の37歳のシーズンは、昭和59(1984)年。この年の若松は、114試合に出場して、3割2分5厘、9本塁打、50打点。打撃成績は、セリーグ5位である。

 張本と同い年の王貞治は、当然の事ながら37歳を迎えるシーズンも張本と同じである。この年の王は、130試合全試合に出場。3割2分4厘、50本塁打、124打点。しかも、126個のフォアボールを選び、出塁率は、驚異的な4割8分2厘。この年の本塁打、打点の2冠王で、打率はリーグ8位。では、ONのもう1人長嶋茂雄はとなると、37歳のシーズン、彼は127試合に出場して、2割6分9厘、20本、76打点。翌年限りで現役を引退している。

 では、以下に、その他のおもだった選手の、満37歳を迎えるシーズンの成績を列記してみよう。

野村克也(南海ホークス)129試合 292 35本 101打点(打点王、本塁打2位)
川上哲治(讀賣ジャイアンツ)128試合 284 5本 52打点(打率5位)
山本浩二(広島東洋カープ)129試合 316 36本 101打点(本塁打王、打点2位、打率4位)
衣笠祥雄(広島東洋カープ)130試合 329 31本 102打点(打点王、本塁打6位、打率3位)
大杉勝男(ヤクルトスワローズ)88試合 282 17本 59打点(規定打席不足)
古田敦也(ヤクルトスワローズ)120試合 300 9本 60打点
原辰徳(讀賣ジャイアンツ)70試合 201 6本 15打点(このシーズン限りで引退)
田淵幸一(西武ライオンズ)82試合 293 30本 71打点(規定打席不足で30本塁打)
福本豊(阪急ブレーブス)130試合 284、11本、51打点、23盗塁
谷沢健一(中日ドラゴンズ)130試合 329 34本、99打点(打率、打点2位、本塁打4位)

 なかなか大変な作業なので、この程度でやめておくけれども、ここまでアットランダムに思いついた大選手の37歳のシーズンの成績を調べただけでも、意外な結果だということがよく分かる。むろん、原はその年限りで引退しているし、川上、大杉、田淵も翌シーズン終了後に引退しているから、現役生活の晩年ということには間違いはない。しかし、それにしても、多くの選手が好成績を残しているのには驚いた。感覚としては、私は、みんなもう少し、成績を落としているのではないかと思っていた。いやいや、やはり、実際のデータに当たってみるのがいかに大切か、ということなのだろう。

 となれば、イチローも、一つ年下の松井も、まだまだ老け込む歳ではない。もっともっと、彼らのメジャーリーグでの活躍を期待したい。

 ところで、私は、この項を記しながら、ついでに過去の著名な作家が、今の私と同年齢の時に、どんな作品を発表したか調べてみようかと思った。が、それはやめることにした。もし、そんなことをすれば、我が身と比較して、焦燥感しか覚えないことは明らかだ、と気づいたからである。
スポンサーサイト
[ 2010/05/15 22:36 ] スポーツ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。