スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卒業式

 今日は――いや、日付が更わったから、正確にはもう昨日になるけれども、娘の小学校の卒業式で、私も妻と一緒に出席してきた。親とは愚かなもので、ついつい我が子はいつまでも小さいような気になってしまうが、いつの間にか娘も小学校を卒業する歳になったかと思うと、些か、感慨深いものがある。

 今の卒業式は、『蛍の光』も『仰げば尊し』もなく、私の頃とはかなり違っている。しかし、そうではあっても、思春期前期に入った子供たちの、新しい門出の日だということには全く変わりはなく、あの厳粛な雰囲気には、どこかしら心打たれるものがある。

 娘は、和服に袴姿で卒業式に出た。妻からそうするつもりだと聞いたとき、ひょっとして、そんな恰好で出るのは、うちの娘くらいのもんじゃないのか? と、少し不安になったのだけれど、実際には、ほかにも何人か和服で出席している女の子がいた。私立の中学に進む子は、誇らしげに、その中学の制服に身を包んでいる。それぞれの旅立ち、それぞれの春……。なんだか胸が詰まって、ついつい涙ぐんでしまった。年甲斐もないことである。

 子供を持つということは、命の連鎖を再認識するということでもある。私は、卒業式に臨む娘の姿を見ながら、私の卒業式のことを思い出した。私の母親は小学校の教員であったから、私の卒業式の日は、彼女も自分の勤務先の卒業式である。だから、私の小学校の卒業式には、母は出席していない。

 代わりに、親父が電電公社を休んで出席してくれた。私は、そのとき、初めて彼のネクタイを絞めたスーツ姿を見た。親父は、電電公社に出勤する時は、いつもノーネクタイだったのだ。何故、それが許されたのかはよく分からない。むろん、彼はデスクワークだった。ただ、それがあまり公社に歓迎されていなかったのだろうことは、少し後に分った。親父の学校の後輩が、電電公社に入社して、親父そっくりの恰好で出勤したところ、上司にひどく叱られたというのである。なんで親父はよかったのか、それは今もって分からない。不肖の倅が口にするようなことではないけれども、親父はかなりな変人だった。しかし、私は、そんな親父が大好きだった。いや、違う。彼がみまかった今でも、私は親父が大好きである。

 中学、高校の卒業式にもそれぞれ思い出がある。その頃も母は小学校教員であったけれども、というよりも、母は、死が訪れるそのときまで、現役の教員であったのだが、小学校とは卒業式の日が違うから、私の卒業式に出席してくれた。大学の卒業式は――今でもあるかどうか分からないけれども、卒業式会場になる体育館の前に、噴水のある大きな池があった。当時、うちの大学の学生は、学園祭や卒業式など、何かイベントがあるたびにその池に人を投げ込むのが伝統になっていて、私も、ゼミの仲間に投げ込まれた。池の水はまだ、冷たかったなあ。今では統率力やリーダーシップ、人徳なんぞというものとは全く無縁の生活を送っているが、当時の私はゼミ長だったのである。そういえば、小学校時代はずっと級長(死語!)だったし、中学の頃は、副生徒会長だった。まさに、隔世の感を覚えるのみ。

 袴姿の娘を見ながら、私はそんなことを思い出した。そして、延々と続く命の連環の中に、私と娘が存在していることを強く実感し、幸福な気分になった。

 卒業式の後は、家にいた倅も呼んで(卒業式には在校生は5年生しか参加できないのである。従って、2年生の倅は、一人で家で待っていたのだ)、一家4人で昼飯を食した。娘があまりにたくさん食べるから吃驚した。「朝からなんにも飲んでなーい」なんぞといいながら、オレンジジュースを一息で飲み、2人前のメニューをいっぺんに食べた。おそらく、彼女なりに、卒業式で緊張していたのだろう。娘にとって、素晴らしい経験になったろうと思う。

 食事の後、友達と集まる予定があるとのことで、娘は我々と別れ、一人で待ち合わせ場所に向かった。仲がよかった友達の何人かは、娘とは違う中学に進学する。彼女にとって、生まれて初めての別れ、というものになるのかも知れない。環境が変わっても、友情は続いて欲しい。いや、環境が変わるからこそ、より友情を深めて欲しいと思う。

 4月からは娘も中学生だ。小中一貫教育で、中学1年生とはいわずに、7年生と呼ばれるところが私には些か違和感があるけれども、まあ、中学に進学することに違いはない。娘にとって、今までとはまた違った、新しい春になることだろう。今よりももっともっと多感になるだろうし。娘よ、若い日々を、思いっきり生き生きと楽しんで欲しい。笑うことも、泣くこともあるだろう。嬉しいことや辛いこと、様々な感情を持つだろう。あるいは、それらを苦しく思うことがあるかも知れない。しかし娘よ、それが生きるということなのだ。人生の喜びというものなのだ。父は、君がその小さな体いっぱいに、人生を感じながら、生き生きと、溌剌と、日々を過ごしてくれることを祈っている。そして、今日という日のことを、いつまでも忘れずにいなさい。新しい旅立ち、そして、仲のよかった友達との、別れの日のことを。

 卒業、おめでとう。 
スポンサーサイト
[ 2010/03/25 02:07 ] 親ばか | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。