スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツイッター

 昨日は久方ぶりに暖かかったのに、今日はまたひどく寒い。予報によると、明日の東京は最高気温が20度を越えるそうな。三寒四温という言葉はあるけれど、これでは一寒一温で、気分が落ち着かないこと夥しい。早く本格的な春になって欲しいものだ。私は、基本的には秋や冬が大好きなのだが、どういうわけか今年は春が待ち遠しくてしかたがない。心が弱っているのだろうか? いけませんね。

 ところで、昨日、仙石、前原、原田の3大臣が参院本会議に遅刻したことをきっかけにして、政治家のツイッター使用が話題になっている。そこで試しに、私もツイッターに登録してみた。私の〈つぶやき〉のアカウントは、

@matsuikei

 である。お暇なときにでもぜひ、覗いていただきたい。

 ただまあ、登録してはみたものの、まだ、どういう使い方をすると価値があるのか理解できてないのが実状である。しばらくは騙し騙し、やってみようとは思うけれども、なかなか難しそうだ。私はふだん、あまり〈つぶやく〉習慣もないし。というか、人間というものは、本来はあまりつぶやいたりはしないですよね。

 私の小説作品などでも、時折、

『俺が勘違いしていただけかも知れない……』
 雄策はハンカチで首筋の汗を拭いながら呟いた。

 なんぞと表現することがある。しかし、これは作中人物の心理を描写するための便宜的表現である。つまりは、小説特有の表現法であって、現実には人間は、あまりこういう形でつぶやいたりはしないものである。まあ、ツイッターを使ってみるに当たって、あまり〈つぶやく〉ということに拘泥っても仕方がないとは思うけれど。

 『週刊文春』の先週号に載った井上トシユキさんの記事などを見ると、どうやらこのツイッター、中高年層に利用者が多いらしい。その理由が那辺にあるのか、私には解らないけれども、中年ということで言えば、私も間違いなく中年男だから、使っているうちにだんだん面白くなってくるのかも知れない。

 それにしても、政治家というのはヒマなのだろうか? 今日、登録後にツイッターでの発言を見ていたら、参議院議員の某と某の2人が、極めて頻繁につぶやいているのを見つけた。つぶやきだから、大した内容を期待するのも野暮というものだけれど、それでも、政治家たるものが、なにゆえあって、あんなに内容のないことを頻繁につぶやきたくなるのか、その点だけは私の理解の外だ。
スポンサーサイト
[ 2010/03/04 14:11 ] 日常生活 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。