スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガラが悪い

 先日、テレビで国会中継を見ていて、久方ぶりに大笑いしてしまった。国会を見て、呆れたり腹が立ったりするのはいつものことだが、こんなに笑ったのは本当に久しぶりだ。既にニュースや新聞でもさかんに取り上げられているけれども、与謝野馨の代表質問である。

 なんたるガラの悪さ! 『おっかさん』『ヤクザ映画』なんぞという単語もそうだけれど、物腰、喋り方、どれをとっても極めてガラが悪い。しかも、妖しげな雑誌まで手にしている念の入れようだ。

 与謝野馨といえば、さすがに文人の家系らしく、自民党議員には珍しく品があり、かつイヤミのない人である。そういう人物が、唐突にあのガラの悪い姿を見せてくれたのだから、これはもう意表を突かれて大笑いするしかなかった。

 しかし、それにしても自民党のセンスはいったいどうなっているのか。与謝野さんみたいな人に、あんな役割をやらせてはマズいだろう。その程度のことさえ、もう分からなくなっているのだろうか。あの世で鉄幹・晶子夫妻が泣いているぞ。自民党執行部の良識を疑う。

 与謝野は記者からの質問に対し、
『野党だから』
 と応えていたが、政権を失ってからの自民党のガラの悪さは目に余る。少し前にも町村信孝が国会で亀井静香に向かって、
『おい亀井、お前、何を言ってんだ?』
 と怒鳴っている姿を見た。60を過ぎた大の大人が、仮にも大臣を捕まえて『おい亀井』『お前』はないだろう。まあ、言われた亀井のほうもガラの悪さでは政界で1、2を争う人物ではあろうが。

 私は基本的には、ガラの悪い人を見るのは嫌いではない。むしろ、面白がるほうである。しかし、そうではあっても、国会があまりにもガラが悪くなってしまうと、それは政治の劣化に繋がるのは間違いない。私はそれを恐れる。ま、もう少し上品にやって下さいな。

 ガラが悪いといえば、旬の話題はスノーボードの国母ということになるが、私は何故、国母のあの服装が大騒ぎになるのか理解できない。スケートボードやスノーボードというのは、元々がストリート系のスポーツで、プレイヤーがああいう格好をするのは当たり前だろう。むしろ、国母はスノーボード選手らしい格好をしていたと言える。それがダメだと言うのなら、そもそもスノーボードをオリンピック種目にしたIOCが悪いのである。ヒップホップダンサーにネクタイをしめた背広姿を求めるようなもんだ。そんなもの、最初から整合しないのが分かりきっていると思うのだが……。
スポンサーサイト
[ 2010/02/14 14:58 ] 日常生活 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。