スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大晦日

 あと8時間もすれば今年も終わりである。部屋の大掃除も含めて、年内にやらなければならないことはすべて終えたので、あとはもう、テレ朝のビッグダディや魔裟斗の引退試合、唐突に紅白に出ることになったスーザン・ボイルなんかをテキトーにザッピングしながら眺める以外は、年内は何もやることがない。なんだか久方ぶりにのんびりした気分である。

 ところで、私はテレ朝のビッグダディが存外、好きである。ご存知ない方のために少しだけ説明しておくと、各局がこぞってスペシャルでOAしている大家族モノの一つである。大家族モノというのは総じて、辟易したりイライラしたりするものだが、ビッグダディだけは驚いたり呆れたり、笑ったりしながら楽しく見ることができるから不思議だ。

 つまるところ、これは登場するキャラクターの問題だということなのだろう。ハッキリ言えば、ほかの大家族モノの登場人物とは間違っても友達付き合いはしたくないし、もし彼らがご近所に住んでいたら、私はそれだけでも迷惑に感じるかも知れない。しかしビッグダディとなら、いっぺん経堂か三宿辺りの小体で静かな居酒屋で、一緒に酒でも呑んでみたいと思う。

 むろんこれは液晶画面を通じてのイメージである。テレビ局や制作会社の制作姿勢が、私の感覚にフィットしたということなのかも知れぬ。では何故、そう感じるのかを私なりに分析してみると、ビッグダディには他の大家族モノにありがちな〈暴力的イメージ〉が薄いからかも知れない、と思い当たった。ここでいう〈暴力的イメージ〉〈暴力性〉とは、『フーテンの寅さん』を観て感じるそれと同等の意味である。

 ほかには元日に、これもまたテレ朝でやる『相棒』の2時間スペシャル「特命係西へ」以外は、これといって見たいテレビ番組もないから、正月もいつも通り、本を読んで過ごすことになりそうだ。『相棒』はシナリオにツイストが効いているし、特に今シーズンは今までタブー扱いされていたようなテーマも扱っていて、私はこのドラマの大ファンである。

 2日には、娘と倅を、箱根駅伝を見せに連れて行ってやりたいのだが、これはまあ、子供たちがイヤがるだろう。子供が見て面白いものとも思えない。なので、ま、実現しないでしょうな(笑)

 ということで読者諸賢よ、今年も1年、ご愛読ありがとうございました。。新年もまた、宜しくお願い申し上げます。明年が皆様にとって、実り多い1年でありますように。よい年をお迎え下さいませ。
スポンサーサイト
[ 2009/12/31 15:34 ] 日常生活 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。