スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本発狂

 衆議院が解散して、今、総選挙期間中だが、麻生太郎という人は、まだ、日本国の内閣総理大臣のはずである。ところがこの人、またまたおかしな発言をしている。朝日新聞電子版の報道によると、麻生は23日夜、東京都内で開かれた学生との対話集会で、
「金がねえなら結婚しない方がいい、おれもそう思う。うかつにそんなことしないほうがいい。おれは金はない方じゃなかった。だけど結婚は遅かった。稼ぎが全然なくて尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい」
 と発言したらしい。

 これは、学生からの、「若者に結婚するだけのお金がないから結婚が進まず少子化になるのではないか」との問いに対しての答えらしい。おいおい、大丈夫なのか? どこかのイナカの成金の言葉ではない。これは、日本国内閣総理大臣の言葉なのだ。呆れた。と同時に、我が愛する日本という国の、将来が、ほんとうに心配になってきた。

 銭がすべての世の中か。人様の尊敬を受けるには、銭がもっとも必要な要素なのか。一国の総理が、堂々とこのような発言をするようでは、この国はもはや、発狂状態というほかはない。麻生さん、あまりに品がないじゃないですか。

 麻生のこの言葉を、次のように置き換えてみたらどうか。
「知恵がねえなら総理にはならないほうがいい。おれもそう思う。うかつにそんなことしないほうがいい。頭が悪くて尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい」
 私には、こちらのほうがしっくりくる。ああ、ビンボー人は駄目だ、ゼニが一番だ……そんな品のないセリフばかり聞いていると、どんどんどんどん世の中が嫌になってくる。しかも、それを口にするのが、この国の内閣総理大臣だというのだから、もうどうしようもない。

 日本はすでに発狂している。救いはどこにもない。悲しすぎるな、これでは。
スポンサーサイト
[ 2009/08/24 17:06 ] 政治 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。