スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電子書籍版「ホームレス作家」のお知らせ

5.jpg

 松井計の著書「ホームレス作家」(幻冬舎)の電子書籍版がリリースされました。以下の各サイトからダウンロードできます。ダウンロード方法、お支払方法等は、各サイトによって違いますので、アクセス先にてご確認ください。

 尚、9月には「ホームレス作家」の続編である「ホームレス失格」の電子書籍版も配信開始される予定です。

【配信が始まっている主な販売先】

●Reader Store
Reader(ソニーの読書専用端末向け)は●こちら●

●docomoスマートフォン公式書店(honto)は●こちら●

●honto
iPhone/iPad/パソコン向け書店は●こちら●

●TSUTAYA GALAPAGOS
シャープ GALAPAGOS(読書専用端末およびSHARPスマートフォン向け)は●こちら●

●LISMO BOOK STORE au by KDDI
au「biblio leaf SP02」(読書専用端末) / auのスマートフォン向けは●こちら●

●Softbankブックストア
ソフトバンクのスマートフォン向けは●こちら●

●Book Live!
パソコン、各キャリアアンドロイド端末向けは●こちら●

【9月16日配信開始の販売先】

●電子文庫パブリ(日本電子書籍出版社協会運営)
3キャリアケータイ電話/iPhone/iPad/パソコンは●こちら●

※上記以外に通常のケータイ電話向けの数十書店でも配信いたします。
スポンサーサイト
[ 2011/08/31 18:07 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)

「なんだかんだの病気自慢」単行本化のお知らせ

03447983.jpg

 8月11日、マガジンハウスから、「なんだかんだの病気自慢」が単行本として刊行されました。

 「なんだかんだの病気自慢」は、雑誌『クロワッサン』の毎回、執筆者が変わる連載企画です。松井計は、熱中症に罹ったときのエピソードを書いています。

■刊行元による内容紹介

安藤優子さん、石田衣良さん、小椋佳さん、柴田理恵さん、高畑淳子さん.横尾忠則さんなど、72人の著名人が自らの病気のエピソードを公表!いかに受け止め、闘い、プラスのパワーに変換してきたかを赤裸々に語ります。病気になったからこそわかった、自分自身のこと、本当に大切な物、これからの生き方。。。雑誌「クロワッサン」に8年に渡って連載されている人気コラムから抜粋、再編集した本書は、病気を語りながら、実はその先にある生きる希望をあぶり出す鏡でもあります。「病気自慢」を読みながら、読後はなぜかパワーをチャージされている、そんな不思議体験してみませんか?

■主な執筆者(50音順)

安西水丸(イラストレーター)
安藤優子(ニュースキャスター)
安奈 淳(女優)
石田衣良(作家)
泉 麻人(コラムニスト)
井上荒野(作家)
荻野アンナ(作家)
小椋 佳(作曲家)
北 杜夫(作家)
柴田理恵(女優)
高畑淳子(女優)
中島京子(作家)
野口 健(アルピニスト)
松井 計(作家)
横尾忠則(美術家)
     ほか全72名

■書誌データ

●タイトル 「なんだかんだの病気自慢」
●編者   クロワッサン編集部特別編集
●刊行元  マガジンハウス
●判型   四六版ソフトカバー
●刊行日  2011年8月11日
●定価   1365円(税込)
●書籍コード ISBN978-4-8387-22938

                     ◆立ち読みは●こちら●をクリックして下さい。
 
[ 2011/08/31 17:50 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)
来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。