スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

庶民という幻想

 テレビで民主党政権による<事業仕分け>を見ていたら、宝くじ事業を取り上げていた。私は、その内容について云々するほどの知識は待ち合わせていないが、驚いたのは、仕分け委員が、それがさも当然であるかのように、宝くじのことを<庶民の夢>と表現したことである。官僚機構が、庶民の夢を食い物にしている、というような文脈だったと思う。

 私は、激しい違和感を覚えた。仕分け委員は、むろん、議員か議員によって任命された識者である。そのような人にとっては、宝くじが<庶民の夢>であるという前提概念が存在するようである。なるほど、政治家と一般選挙民の意識は、ここまで乖離しているのか、と暗澹たる心境になった。

 ところが、その晩、テレビ朝日の「報道ステーション」を見ていて、私は更なる違和感に苛まれることになった。私は、この番組が嫌いではない。何年か前に、VTRで出演したこともある。各局が流している夕方や夜のニュースショーの中では良質なほうだと思っている。しかし、その司会者である古館一郎が、件の事業仕分けのニュースを伝えるとき、これもまた、さも当然の如くに、宝くじのことを<庶民の夢>と表現したのである。こうなるともう、<庶民の夢>という言葉は、<宝くじ>の枕詞と化した感がある。

 ところで、では実際に、<宝くじ>を自らの<夢>だとみなしている<庶民>という層が存在するのだろうか? 私は宝くじを買ったこともあるし、そう高額ではないが、何度か当たったこともある。1億円が当たるというのなら、それがイヤだとも思わない。しかし、夢を賭して宝くじを買ったことは、一度もないし、クジに当たって、多額の現金を手にすることが、自分の夢だなんぞと考えたことも、一度もない。

 定期的に宝くじを買っている人も、おそらくは似たような心境なのではないか? 1500円出して本を一冊買う、1800円出して映画館に入る、250円でDVDを借りてくる……といったことと等価として、3000円出して宝くじを10枚買う。それが、普通の人の心境だろう。つまりは、一般の人間にとって、本や映画、居酒屋へ入るのと同じエンターテインメントとして、宝くじも存在しているはずだ。 

 もちろん、ほかのエンターテインメントと違うのは、宝くじはバクチであるから、買った後に、金が増えて返ってくる可能性がある点だ。しかし、これにしても、私はやらないから実感としてはよく判らないけれども、パチンコをしたり、競輪競馬に行ったり、マージャンをしたりするのと同じ心境だろう。ギャンブルを楽しむ人は、ギャンブル自体が楽しいわけで、その後に転がり込んでくるかもしれない大金を夢見てギャンブルをするわけではない。

 実際に、仕分け委員にしても、古舘にしても、パチンコや競馬を<庶民の夢>とは表現するまい。では、それらと宝くじとはどこが違うのか。賞金である。今の宝くじは、一等が1億円を越える、いわゆるジャンボ宝くじも多くなった。そう考えていくと、仕分け委員や古舘が<庶民の夢>と口にするとき、想定しているのは<1億を超える金>ということになり、彼らは、「庶民というのは、宝くじに当たって、濡れ手に粟の1億を手にする夢を持っている」と言っていることになる。まあ、無意識のうちに、のことだろうが、論の展開から言ってそうならざるをえず、仮に無意識でいるとすれば、そちらのほうがずっと恐ろしい。つまりは、彼らは、<庶民>というものをナメているのである。

 自分たちにとって、宝くじは夢ではないが、庶民には夢である――という論理を内包したとき、すなわちそこには<庶民>というものに対する軽侮が存在することになる。

 そこで私は繰り返し悩むのである。実際に、<宝くじを人生の夢>とする<庶民>なるものが存在するのかどうか。私は、前述のように、そんな人はほとんどいないと思う。私もそうだが、宝くじを買うとき、当たると思って買う人は少ない。当たるはずがない、と普通は思っている。実際には、数万円が当たることもあるし、300円が戻ってくるだけのこともある。それを親しい友人や家族と話のタネにして、宝くじはおしまいである。別段、当たらなかったことをいつまでも悔やむこともない。つまりは、そういう話のタネのために、3000円程度なら出してもいい、と考えているのが、大半の宝くじファンのはずである。

 仕分け委員や古館には、その辺りが理解できていないのだろうか。それならばそれで、まだ深刻さの度会いは低い。彼らの品性が低いだけである。そうではなく、彼らが、この世界に<庶民>という、自分たちの行動規範とは全く違う規範に基づいて行動する層がいる、と見なしているとすると、事はひどく深刻になるはずだ。それこそ、政治家や著名人と、一般選挙民の間に、埋めがたい乖離が存在することになるからである。

 私は最近、もう一つ、似たような事例に遭遇した。昼のニュースショーだったと思うが、舛添要一が出演していた。昼の番組らしく、〇と×を書いた棒を持たされており、司会者の質問に、〇か×のどちらかで答える趣向だった。司会者が、
「今朝もゴミ出しをしてきた」
 と質問したとき、舛添は×を出し、
「だって、今日はゴミの日じゃないもん」
 と言った。そこまででよしておけばいいものを、彼は、<生ゴミの日は何曜日>なんぞということを言い始めた。

 私はよく知らなかったのだが、舛添という人は、朝、自宅を出る時に、ゴミ出しをするところをカメラに撮らせる趣味があるらしい。つまりは、そういう姿をテレビの画面に流すことによって、自分の<庶民性>をアピールする作戦だろう。そういう行為が<庶民の琴線に触れる>と見なしているわけだ。

 ところが、前述の言葉で、気の毒なことに、その作戦が無力化してしまった。というのは、舛添は私と同じ世田谷区民のはずである。世田谷区には、<生ゴミの日>などというものはない。今は、<燃やせるゴミ>ないしは<燃えるゴミ>といっている。私は、言葉尻を掴まえているわけではない。ゴミの分別の仕方が変わったのである。前は、<燃えるゴミ>は、それこそ生ゴミ、紙屑、布キレくらいで、包装紙などに使ってあるポリやプラなどは<燃えないゴミ>に分別しなければならなかった。これならまあ、一歩を譲って<生ゴミの日>と称してもよかろう。

 それが昨年だったかに分別の仕方が変わって、陶器や鉄、割れたガラスなどのほかは、ポリでもプラでも、<燃えるゴミ><燃やせるゴミ>として出してよいことになったのである。昔からこれらのものはよく燃えたのだけれど、燃やす際に出る熱の温度が高すぎて、焼却炉が損傷する危険があった。それを、新たな焼却炉に変えたから、すべて燃やせることになったのだ。この変更で、ゴミの分別が、飛躍的に楽になった。しかし、そうなるとこれを<生ゴミの日>と表現するのは無理である。

 この辺りのことをあわせて考えると、次のようなことがいえそうである。舛添は、確かに、少なくともテレビカメラのいるところでは、ゴミ出しをする。しかし、細かな分別法については知らない。つまり、舛添は、ゴミ出しはするが、ゴミの分別はしない。奥さんなのかお手伝いさんなのか知らないが、家の人間が置いておいたゴミ袋を、ゴミ捨て場に持っていくだけである――と。

 私は、別段、これが非難されることだと思わない。しかし、舛添が分別の方法も知らないのに、自分がゴミ出しをする人間だ、という点をアピールする姿勢が気に入らない。つまりそれは、<そういうことが、庶民には好印象を与える>と、舛添が考えていることになるからだ。それは、あなた、選挙民をナメ過ぎてはいませんか?

 最後に、仕分け委員や古舘氏、舛添氏には一言しておきたい。あなたたちが想定しているような、<庶民>なんぞというものは、この世に存在しませんよ。存在しないものに阿るよりは、<一般の選挙民も、自分たちも同じである>という基本的なところから出発したほうがよいのではありませんか? それとも、そうすることによって、あなた方のどこかが傷つくのでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2010/05/24 17:19 ] 政治 | TB(0) | CM(-)

ここ、イタイイタイ

 今年、中学に入ったうちの娘は、歩き始めるのも言葉を覚えるのも早かった。生後6ヶ月くらいでもう普通に歩き、2語分をしゃべるようになった。ところが、まだ頭の大きい典型的な乳児の体形だから、公園などで遊ばせているとよく転んだ。だから、彼女を公園に連れて行く時には、携帯できるスプレータイプの消毒液やバンドエイドが必需品だった。

 転んで作った傷に、
「ちょっとしみるけど、がまんするよー」
 などといいながら消毒液をスプレーしてやり、バンドエイドを貼る。娘は、嬉しそうににこにこしている。バンドエイドは子供向けの、アンパンマンやドラえもんのイラストがついているものである。娘はそれが嬉しいのかと思ったら、そうではない。

 何故、それと判るかというと、娘は、バンドエイドを貼った傷口を指差しながら、
「ここ、イタイ、イタイ」
 などと口にするからである。当時の娘にとって、バンドエイドを貼った傷は、ある種のアピールポイントだったわけだ。
「イタイ、イタイ」
「そうだねー。気をつけようねー」
 娘、にこにこにこ。これは、乳児と父親との、幸福な時間ではある。

 その娘も中学生になった。テニスを始めたこともあり、今でも時折、手足に傷を作っていることがある。私が、
「バイキンが入っちゃうぞ。バンソウコウでも貼っとけば?」
 言うと、
「やだよ、みっともない」
 と応じる。生後6ヶ月から1歳くらいの頃に比べ、娘も成長したわけである。

 読者諸賢は既にお判りのことと思うが、私は、上記のエピソードを紹介しながら、民主党の三宅雪子代議士を揶揄しているのである。彼女の一連の行動は、ただただ見苦しく、メディアで彼女の肉声が紹介されるたびに腹が立つ。洗練された先進国であり、大国のひとつに数えられる国の代議士が、しかも40代の半ばになんなんとする大の大人が、こんなことでいいはずはないではないか。今すぐ、議員辞職して欲しいというのが、私の正直な感覚である。

 巷間言われる如くに、委員会で転んだのが三宅の自作自演であるのかどうかについては、私はあまり関心がない。そんなことはどうでもいい。しかし、その後の行動が、どうしても是認できない。転んだ次の日、三宅は車椅子に乗って委員会に現れ、ご丁寧に松葉杖を突いて階段を降り、もう一度、転んで見せた。

 おそらく、三宅は、自らのこのような行動が、<国民に対するアピール>になると判断しているのだろう。少なくとも、<みっともないこと>であり、<恥>だとは考えていない。選挙という洗礼を浴びる立場である以上、選挙民の反応がマイナスに働くと思えることを、わざわざやるはずはないからである。

 つまり、三宅は、委員会での転倒→車椅子でのカメラの前への登場→松葉杖でのカメラの前への登場の一連の流れが、選挙民の印象としてはマイナスに働くことはなく、プラスのアピールになる、と考えていたと判断するしかない。そうでないと、彼女の行動に整合性が担保できない。まあ、松葉杖を突いての再転倒は、想定外のことだったかもしれないが。

 私は、代議士の、こういう形での選挙民のナメ方が耐えられないのである。

 しかも、事態はその後、更に小児的な方向に発展している。
「あまりくんが、ゆきこちゃんを突き飛ばしてころばせました。ホームルームで取り上げるべきです」
「ぼくはゆきこちゃんを突き飛ばしていません。ゆきこちゃんが勝手に転んだんです」
「ぼくは、ゆきこちゃんが、自分で転んだといってるのを聞いたよ」
 なんぞと、これがいい歳をした大人たちが、国会という場で行うべき言説なのだろうか――と、天を仰ぎたくなる事態に堕してしまった。

 もう一度いう。日本は、大国である。政治的にも、経済的にも世界に影響を与えずにはおられぬ国である。諸君は、その国の代議士であり、いい年をした大人である。もういい加減にしてくれるつもりはないか?

 委員会で小競り合いがおき、もみ合っているときに転ぶなどということは、とうぜん、ありうる。しかし、国会でそれが起こったことは、代議士にとって恥のはずである。従って、三宅の採るべき態度は、一つだったはずだ。事後に記者会見でもし、
「委員会で転んでお騒がせしました」
 と頭を一つ下げればいい。それで、この問題は終了である。翌日は、車椅子に乗ってカメラの前に登場したり、松葉杖を突いて階段を降りるところをカメラに撮らせたりせずに、議席のすみのほうで大人しくしていればいい。私も、大きな怪我をしたことがあるから判るが、怪我がひどければひどいほど、安静にしているほうが治りも早いはずじゃないか。

 また、民主党の幹部も、多少は野党にイヤミを言いたいのであれば、
「委員会で議員に怪我人が出ては、まともに議論ができず、職責が果たせない。委員会はもみ合う場所ではなく、言論の府なのだから、野党の諸君もこれからは気をつけて欲しい」 
 ぐらいのことを言うに止めておけばいいではないか。それで、この問題はすべて終了。だれが突き飛ばしたの、自作自演だのと騒ぐ必要はないし、三宅もわざわざ診断書などを取る必要もない。

 もし仮に、そういう終了のさせ方をせず、いつまでもこの問題を引っ張ることが選挙民に対する絶好のアピールになる、と与野党の双方が判断しているとすれば、それは選挙民をナメきっているとしかいえないし、もうこの国は終わりである。小学生が国会を運営するようになっては、国家に未来など在るはずはなかろう。

 上記が、今回の空騒ぎに対する私の見解である。そして、国民の大半も、そういうふうに見ているはずである。むろん、私は僭越にも国民を代表している、というふうに考えているわけではない。常識的な、フツーの大人なら、誰でもそう考える――というだけの話である。もし、政治家だけがそう考えていないとすれば……恐ろしい。そんなことはないと信じたい。

 ところで、三宅の転ぶところを2度見て、私は、ある種の感慨を覚えた。彼女は2回とも、頭から床に崩れ落ち、反射的に手を突く、ということをしなかった。これは、非常に危険な転び方である。通常、人間は、無意識に手を突いて顔や頭などの命に関る部分を庇うものなのである。それが生物の本能というものだ。ところが、今の子供たちは、たとえば校庭で小学生が転んだときなど、今回の三宅のような転び方をするケースが多いことが指摘されている。だから、大怪我に繋がりやすいとも言われる。

 まあ、そういう転び方は、昔はコントでよくやっていたもので、ドリフターズなどはこれが非常に上手かった。手を突かずに頭から前向きに倒れたり、立ったまま後ろ向きに倒れたり……そういうコントが、昔は多かった。アチャラカ喜劇からの流れだろう。だからこそ、それと似た倒れ方をした三宅が、自作自演などといわれるのかもしれない。しかし、自作自演でないとしても、三宅の転び方が、今、学校社会で問題視されている子供の危ない転び方と似ていたことは、ある意味で、非常に示唆的である。

 国会議員に、神のような叡智を求めるほど、私は楽観主義者ではない。しかし、国会が大人の議論を放棄するのを座視するほど、善人でもない。議員諸君は、もう少し大人として行動してくれ。
[ 2010/05/17 13:32 ] 政治 | TB(0) | CM(-)

37歳

 ロサンゼルス・エンゼルズ・オブ・アナハイムの松井秀喜は、好調時と不調時の落差が激しく、怪我の影響を心配させる状況が続いているが、シアトル・マリナーズのイチローは、今年も例年通りの大活躍で、まさにメジャーリーグでも歴史的なスーパースターのひとりになった感がある。

 しかし、彼はたいしたものである。オリックス・ブルーウェーブで日本初のシーズン200本安打を達成して以来、日本プロ野球、メジャーリーグと活躍の舞台を変えながらも、毎年、フルシーズン活躍して、3割以上の打率を残している。これは特筆すべきことだ。20年近くプロ生活を続けていれば、怪我をすることもあるし、不調のままシーズンを終えることもある。それが当たり前だ。しかし、イチローにはそれがない。この点でも、彼は稀有な存在といってよかろう。

 さて、そのイチロー、今年で37歳になる。昔は、37歳といえば、そろそろ現役引退が近づいたり、そうでなくても、出場試合数が減ったりする年齢だった。今年で47歳になる埼玉西武ライオンズの工藤公康は別格とするにしても、最近、プロ野球選手の現役生活は長くなっている。が、そうではあっても、37歳にして、メジャーリーグでトップの成績を残しつづけるイチローは賞賛すべきだろう。

 そこで、球史に名を残す過去の大選手の、満37を迎えるシーズンの成績はどうだったのか、調べてみることにした。まずは、イチロー登場以前の、安打製造機張本勲。彼は昭和15(1940)年生まれであるから、満37歳を迎えるシーズンは、昭和52(1977)年である。この年、張本は日本ハム・ファイターズから讀賣ジァイアンツに移籍して2年目、122試合に出場して、3割4分8厘。24本塁打、82打点の成績を残している。打率は、首位打者こそヤクルト・スワローズの若松勉に譲ったものの、セリーグ2位。その若松勉の37歳のシーズンは、昭和59(1984)年。この年の若松は、114試合に出場して、3割2分5厘、9本塁打、50打点。打撃成績は、セリーグ5位である。

 張本と同い年の王貞治は、当然の事ながら37歳を迎えるシーズンも張本と同じである。この年の王は、130試合全試合に出場。3割2分4厘、50本塁打、124打点。しかも、126個のフォアボールを選び、出塁率は、驚異的な4割8分2厘。この年の本塁打、打点の2冠王で、打率はリーグ8位。では、ONのもう1人長嶋茂雄はとなると、37歳のシーズン、彼は127試合に出場して、2割6分9厘、20本、76打点。翌年限りで現役を引退している。

 では、以下に、その他のおもだった選手の、満37歳を迎えるシーズンの成績を列記してみよう。

野村克也(南海ホークス)129試合 292 35本 101打点(打点王、本塁打2位)
川上哲治(讀賣ジャイアンツ)128試合 284 5本 52打点(打率5位)
山本浩二(広島東洋カープ)129試合 316 36本 101打点(本塁打王、打点2位、打率4位)
衣笠祥雄(広島東洋カープ)130試合 329 31本 102打点(打点王、本塁打6位、打率3位)
大杉勝男(ヤクルトスワローズ)88試合 282 17本 59打点(規定打席不足)
古田敦也(ヤクルトスワローズ)120試合 300 9本 60打点
原辰徳(讀賣ジャイアンツ)70試合 201 6本 15打点(このシーズン限りで引退)
田淵幸一(西武ライオンズ)82試合 293 30本 71打点(規定打席不足で30本塁打)
福本豊(阪急ブレーブス)130試合 284、11本、51打点、23盗塁
谷沢健一(中日ドラゴンズ)130試合 329 34本、99打点(打率、打点2位、本塁打4位)

 なかなか大変な作業なので、この程度でやめておくけれども、ここまでアットランダムに思いついた大選手の37歳のシーズンの成績を調べただけでも、意外な結果だということがよく分かる。むろん、原はその年限りで引退しているし、川上、大杉、田淵も翌シーズン終了後に引退しているから、現役生活の晩年ということには間違いはない。しかし、それにしても、多くの選手が好成績を残しているのには驚いた。感覚としては、私は、みんなもう少し、成績を落としているのではないかと思っていた。いやいや、やはり、実際のデータに当たってみるのがいかに大切か、ということなのだろう。

 となれば、イチローも、一つ年下の松井も、まだまだ老け込む歳ではない。もっともっと、彼らのメジャーリーグでの活躍を期待したい。

 ところで、私は、この項を記しながら、ついでに過去の著名な作家が、今の私と同年齢の時に、どんな作品を発表したか調べてみようかと思った。が、それはやめることにした。もし、そんなことをすれば、我が身と比較して、焦燥感しか覚えないことは明らかだ、と気づいたからである。
[ 2010/05/15 22:36 ] スポーツ | TB(0) | CM(-)

「ASIAN Geographic」誌に記事掲載

geo3.jpg

 「ASIAN Geographic(アジアン・ジオグラフィック)」誌NO.72(2010年第3号)に、松井計の記事が掲載されました。

『Homeless, not shameless――How Japan's broken economic state destroyed the middle-class haven』   
 という、カーラ・カンダラキスさんによる記事で、松井計のインタビューを元に構成されています。


 尚、「ASIAN Geographic」誌は、Asian Geographic Magazines Pte Ltd.を版元として、45日間隔で刊行される(1ヵ月半に1号)英語版の雑誌で、シンガポール、オーストラリア、ブルネイ、中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、台湾の各国、地域で発売されております。

geo1.jpg

geo2.jpg
[ 2010/05/03 20:04 ] 雑誌 | TB(0) | CM(-)
来訪者数
松井計のプロフィール

松井 計

1958年7月5日生まれ。大学卒業後、英語講師、古書店店主などの職を経験。1995年7月短編戦記小説集「血戦! 帝国艦隊進撃ス――零戦隊激闘記」を松井永人名義で刊行、文筆生活に入る。2001年幻冬舎より刊行した「ホームレス作家」から筆名を本名に戻し、以降は松井計の名前で活動、現在に至る。趣味は野球、酒、猫。社団法人・日本文藝家協会会員。

メールフォーム
松井計への仕事のご注文は、松井計事務所にご連絡ください。下のアイコンをクリックすると、メールフォームが開きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。